「Gaslight(ガス燈)」(1938)というパトリック・ハミルトンの戯曲から生まれた心理学用語です。1944年にイングリット・バーグマン主演で映画にもなった『ガス燈』は、妻に自分の犯罪を気づかれそうになった夫が、さまざまな小細工を仕組んで、妻に自分が正気を失っていると思い込ませるというミステリーです。Gaslightingとは相手に誤った情報を与えて現実感覚を狂わせる手法で、ソシオパスがよく被害者に対して行う精神的虐待だと言われています。

トランプ大統領は就任以来、さまざまなメディアからAmerica’s gaslighter in chiefと言われています。就任式の報道官の「史上最大の観衆」という大嘘発言に始まり、オルターナティブファクト発言、根拠のないオバマ盗聴発言と、もうどれが嘘というより、トランプのツイッターとホワイトハウスの発表は嘘がデフォルト状態です。閣僚人事も問題のない人物は誰一人としていない状態。縁故主義、利益相反の種は山盛り、ロシア疑惑はますます深まるばかり。これが通常の政権ならどれ一つとっても日本の森友学園なみの大騒動になってもおかしくないものばかりなのですが、あまりに次から次へと起こるので誰もフォローすることができません。移民政策、健康保険案と、政策が出てくるたびに、そのろくでもなさに唖然とするばかり。反対運動だって何にフォーカスしていいかわからないような大忙しです。

そうした中で、いつのまにか超保守のゴーサッチは連邦最高裁判所判事として承認され、トランプは議会の承認も得ずにシリアを爆撃。アフガニスタンにも大型爆弾を落とし、今や北朝鮮にも戦争をしかけかねない勢いです。トランプの外交方針や政治的意図なんてものは考えるだけ無駄(そんなものないから)というのはもうとうからアメリカのまともなメディアでのコンセンサスです。ガスライティングに長けているトランプですが、ガスライティングの手法もますます大がかりにしないともたなくなってきています。

「素早い」シリアの爆撃が「悪者を成敗する強いアメリカ」を示して「大統領らしい」行動だと国民に受けたと思い込んでいるトランプにとって、軍事行動はまったく進まない政策やロシア疑惑のめくらましに最高です。強いアメリカが好きなトランプサポーターをガスライティングのコントロール下におさめておくのにこんなに便利な方法はありません。もともとトランプのようなmale chauvinist(男性優越主義者)は軍事好きと相場が決まっています。大統領就任式にも北朝鮮のような戦車のパレードを希望したものの軍部に断られた(当たり前だ)ということが報道されています。

この金正恩状態のトランプをとめるべき議会も、共和党はトランプサポーターこわさに腰がひけてるし、過半数をとれない民主党は無力です。今や外交政策では中国やロシアの方がはるかに大人でまともな大国に見えます。「Make America Great」どころか「Make America Infantile」です。ちなみにトランプは習近平との首脳会談で「中国と韓国には千年におよぶ複雑な歴史がある」と教えてもらったのだそうです(絶望)。習近平でもプーチンでもいいからこいつを止めてくれないかと願うしかないというのがアメリカの現状です。

*「トランプ大統領4:トランプ政権はいつまでもつのか?」を更新しました。

https://nyqp.wordpress.com/

こちらも合わせてぜひどうぞ。

 

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest