アメリカで先週末に突然ウェブスターのネット辞書の検索ナンバー1におどりでた形容詞です。ウェブスターによると意味は「helping to commit a crime or do wrong in some way」、和訳だと「共犯の、共謀した、加担した」といった意味になります。

この形容詞が話題になった理由は土曜日のSNL(サタデーナイトライブ)のパロディ。SNLといえばアレック・ボールドウィン扮するドナルド・トランプが有名ですが、今回の目玉はスカーレット・ヨハンソン扮するイバンカ・トランプ。香水のコマーシャル風のスキットで、その香水のネーミングがComplicit。パーティでドレスアップしたイバンカのバックに流れるナレーションは直訳するとこんな感じ。
「She’s beautiful. She’s powerful. She’s … complicit.」
(彼女は美しい。彼女はパワフル。彼女は…共謀)
「She’s a woman who knows what she wants. And knows what she’s doing. Complicit.」
(彼女は自分が欲しい物がわかっている。自分が何をしているか知っている。共謀)
「Complicit: The fragrance for the woman who could stop all of this, but won’t.」
(共謀:すべてを止めることができたのに、止めない女のためのフレグランス)
そして口紅をつけるイバンカの前の鏡に映っているのはアレック・ボールドウィン扮するトランプの姿。最後の落ちは「ジャレッド用コロンもあります」。

SNLのトランプネタでも久々の傑作です。SNLのサイトからの貼り付けだと日本では視聴できないようなのが残念ですが。

日本語のサイトでは、イバンカ・トランプは才色兼備みたいな肯定的な記述もよく見かけるのですが、アメリカでの現在のイメージはこのSNLのパロディそのもの。ちなみに夫のジャレッド・クシュナーの方も週明けにクシュナー家が所有するマンハッタンの売買で利益相反疑惑が大々的に報道されていました。家族ぐるみでの汚職疑惑が次々とわいてでる大統領でも、共和党にとって利用価値があるかぎり弾劾はありません。もう誰も「アメリカはバナナリパブリックか?」とは言いません。バナナリパブリックがデフォルトになっちゃったので。

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest