英単語からアメリカがわかる

在米ライター黒田基子の使える時事ネタ英単語

カテゴリー: 選挙

constituent(コンスティテュアント)

英和辞典をひくと成分とか要素といった訳が一番に出てきますが、constituentがニュースに出てくれば通常、それは有権者という意味です。

constituentは日本語の「有権者」に比べると、ずっとカジュアルに使われる言葉で有権者全般ではなく、その特定の選挙区の有権者を指します。たとえば国会議員に対して「I am a constituent.」と言えば、「私はあなたの選挙区の有権者である」という意味になります。このconstituentが先週末からのニュースに頻発しています。

今週はアメリカの国会が中休み。国会議員はそれぞれの地元に戻っていたのですが、そこに待ち構えていたのがconstituentのプロテスト。全国各地で共和党国会議員のオフィスは大変なことになりました。

トランプ大統領誕生以来、反トランプのプロテストはあちこちで発生していますが、トランプ政権が招く危機的状況はますます深まるばかり。プロテストも盛り上がる一方。最初はデモが中心だった反トランプ運動も形態を変えつつあります。ネットを通じて広まった有効なプロテスト戦略として、まずそれぞれの地元の国会議員から攻略せよ、という方法が浸透してきたのです。ターゲットは国会のマジョリティであり、トランプを支持している共和党議員。そして次期選挙で議席を失うことを何よりも恐れている国会議員に有効なのは、署名よりも実際に電話をかけたり、事務所に出向くことなのだそうです。これは、かつて保守派のティーパーティがとった戦略と同じで、これによって当時のオバマ政権下の民主党は大敗を喫しました。

かくして国会議員のオフィスは電話がパンク状態になり、通常なら注目を集めることのない地元有権者との対話集会には会場に入りきれないほどの「怒れるconstituent」が詰めかけることになりました。抗議と質問責めに合う各地の共和党国会議員の様子が盛んに放映されていましたが、ホワイトハウスは「これはリベラルに組織されたプロのプロテスターであって民意ではない」と相変わらずな反応。が、かつて同じようにティーパーティのプロテストに真剣に取り組まなかった民主党がどんな目にあったかを知っている共和党国会議員がこれにびびらないわけはありません。

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest

Pollster (ポールスター)

大統領選は、周知のように予想を裏切ってトランプ大統領誕生という驚きの結果になりました。数ある世論調査がことごとく大はずれしたのです。ヒラリーを支持した誰もがショックから立ち直れないまま、まず議論の的となったのは「なぜpollsterがこんなにも間違ったのか」ということです。

pollsterは英和辞典には世論調査員とありますが、ちょっと感覚が違います。「poll」が「世論調査」で、pollsterはそれを行う人だから「世論調査員」となったのかもしれませんが、あえて日本語にすると世論調査専門家でしょうか。日本語で調査員というと、実際に人にインタビューしたり調査用紙を配ったりする人のように聞こえますが、Pollsterはpollをデザインしたり分析したりする人のことです。

公的機関から各報道機関、各党の選挙陣営まで、それぞれのpollsterが何人もいますから、かなりの数のpollsterが今回の大統領選挙の世論調査をして結果予想をしていました。それのほとんどがはずれたわけです。

その中で、トランプ勝利を予想していたpollsterもわずかながらいました。選挙前は一笑に付されていましたが、いまや注目のpollster です。そうしたpollsterのメソッドは、どこが違っていたのかということも話題になっています。ポイントとしてあげられたのは、人によるインタビューではなく、自動音声の電話インタビューにしたこと、「あなたの隣に住む人は誰に投票すると思いますか」という質問を加えたこと、などです。つまり、トランプに投票したけれど、それを人には知られたくなかった「隠れトランプサポーター」を拾える調査だったというわけです。

ヒラリー支持者も、ヒラリー支持のメディアもこぞって、トランプ支持者に「無知な人種差別主義者」というレッテルをはり、トランプの方がいいと思ってもそれを言えない空気を世の中に作ってしまいました。その結果、まるで楽勝であるかのような誤った予想が生まれました。ヒラリーの敗因はトランプの強さではなく、ヒラリーへの積極的な支持の弱さです。まさかトランプが勝つとは思わずに選挙に行かなかった人の中にも、接戦だとわかっていたらヒラリーに投票したかもしれない人は確実にいたはずです。なんともやりきれない思いです。

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest

incumbent(インカンベント)

incumbentとは「現職」という意味で、今、ニュースに出てくるincumbentといえば、共和党の現職上院議員です。

現在、アメリカの国会は上院も下院も共和党が過半数をとっていますが、明日の大統領選挙と同時に下院は全議席、上院は3分の1が改選になります。今回改選に当たっている共和党現職上院議員から民主党が議席を奪って上院の過半数を奪還できるかどうかということも明日の選挙の注目の一つなのです。共和党incumbentは、トランプを支持すれば良識派の支持を失い、トランプ不支持を宣言すればトランプサポーターを失うというジレンマに陥っているので、上院逆転の可能性は高いと見られています。ともかくオバマの提案にはすべて絶対反対を貫いてきた共和党から上院だけでも過半数を取り戻さなければ、ヒラリーの公約だって絵に描いた餅です。

ちなみに大統領選挙は、どの事前調査でもヒラリーの勝利はまず間違いなく、圧勝もあり得ると予想されています。が、Brexit(ブレグジット)の例もあるし、まさかの事態が起こった場合のリスクはあまりに大きい。トランプサポーターそのものがアメリカ人の過半数を超えるとは思えませんが、ヒラリー陣営(と多くのアメリカ人)が恐れているのは、投票に行かない人やprotest vote (プロテストの意思を表明するために勝つ見込みがない第三党候補に投票する)の存在です。

そこで投票をよびかけるべく選挙前日の今日は深夜におよぶまで激戦区で集会が行われています。ヒラリー集会の夜の第一弾、フィラデルフィアは、ブルース・スプリングスティーンやボン・ジョビといったタレントに、オバマ大統領、ミシェル・オバマも加わった前代未聞の派手な集会でした。オバマはペンシルバニア州の共和党incumbentと接戦をくり広げている民主党上院議員候補もガッチリ応援していました。

今、真夜中の12時をまわりましたが、ヒラリーはノースカロライナ州に移動してミッドナイト・ラリーを開催中。ゲストはレディ・ガガだそうです。

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest

Copyright ©2017 IBC Publishing, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止