ラテン語のbuffo(道化)が語源だそうで、英和辞典には「道化者、おどけ者」とあります。が、アメリカのニュースに登場する場合は、まずそんな可愛らしいものではなく「裸の王様的バカで悪目立ちする下品なやつ」というイメージです。ウェブスターによると、「1. a ludicrous figure 2. a gross and usually ill-educated or stupid person」とありますが、まずポジティブな意味では使われません(イギリス英語では異なるらしいです)。日本人にはバフーンという語感がアメリカ的buffoonの意味にしっくりくるので、一度聞いたら覚えやすい単語です。
日本のニュースでいえば森友疑惑の籠池氏みたいなのがbuffoonです。が、籠池氏などはまだ可愛げのある方で、the king of buffoonsといえば言わずと知れたドナルド・トランプ。実際にはこんな風に使われます。

「Everyone knew that Jared’s father was a felon and her father was a buffoon, but you looked past that because they stood on their own two feet and were sophisticated and presentable. They were accepted despite their parents. Now, there’s no separating the two.」

これはイバンカ・トランプとジェレッド・クシュナーの友人が匿名でPoliticoの取材に語ったコメントです。「ジェレッドの父親が犯罪者で、イバンカの父親がバフーンだってことは誰だって知ってるけど、以前は二人とも独立してやってたから洗練されたイメージでいられたし、親があんなでも受け入れられてた。でも今じゃ二人とも親と同じ」。

かつては、「あのトランプの娘なのに…(きれいだ、やり手だ、等々)」と語られていたイバンカも、今じゃ「やっぱりバフーンの娘だった」と思われているわけです。トランプ政権発足時には極右で固めたトランプ政権を、少なくとも女性問題やLGBT、環境問題などでは中道に引き戻す役割を期待されていたジェレッドとイバンカですが、何の役にも立たないどころかトランプと一緒に汚職疑惑の輪を広げています。最近はアメリカ国内では二人ともすっかり影を潜めています。

そのイバンカを、日本のテレビニュースで久しぶりに見て仰天しました。来日の様子が、まるで世紀の映画スターでもあるかのように報道されていたからです。トランプ政権発足以来、日本のメディアのトランプ関連の報道は、どうもずれていると思い続けてきました。いつまでたってもトランプが通常のアメリカ大統領であるかのように報道している上に、イバンカ・トランプに対してはホワイトハウスの宣伝文句を鵜呑みにしたような過大評価ぶり。相手はバフーンですから、トランプを政治家として分析しても意味がありません。さらにトランプ通と称するコメンテーターの「イバンカがどんなにトランプ政権で重要か」という解説をきくに及んではもう唖然とするばかり。

イバンカ来日には「本国ではもう使えないけどアジアじゃ人気があるらしいから、ちょっと先に送っとこうか」という思惑があまりにも見え見え。日本もバカにされたもんですが、その期待にしっかり応える日本のメディアの報道にはさらに泣けてきます。そして、世界の女性リーダーたちには全く相手にされていないイバンカを女性の社会進出のリーダーであるかのように勘違いして国賓のようにもてなすシンゾー・アベ。バフーン・トランプとの絆の強さを自慢げに語る首相というのも相当バフーンが入ってます。

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest