大統領選予備選挙が始まった今年の初めごろから、ニュースでこの単語が使われない日はなかったのでは、と思うくらい頻出している単語です。もし今年のアメリカの政界を表す英単語大賞を選ぶならまずこれ。

「前例のない」、「前代未聞の」といった意味ですから、本来、そうそう出てくるわけのない単語です。それが頻出するくらい 2016年の米大統領選は「前代未聞」な状況になっているわけです。中でも「前代未聞」の大安売り状態になっているのは、いわずと知れたトランプです。トランプが大統領候補に選ばれたこと自体が unprecedented な上に、問題発言のいちいちが unprecedented。トランプ発言が炎上するたびに火消しに懸命だった共和党幹部も今や口を閉ざしています。火の粉がふりかからないようにするのが精一杯で、共和党内にはトランプ不支持を公言する国会議員も次々と出てくる unprecedented な事態。

続きを読む

この記事をシェア:
Facebooktwittergoogle_pluspinterest